山上學 陶展 「月的饗宴」 沖縄三越 2012年11月20日(火)→26日(月)

陶板「ルナティックな珊瑚」(22㎝×32㎝)
陶板「ルナティックな珊瑚」(22㎝×32㎝)

 

 

沖縄三越個展写真集はこちら

 

 

このたび、沖縄三越で初めて個展を行うことになりました。

今回は長めに準備期間をもち、久しぶりに陶板やシーサーなどの造形物にも取り組みました。

ぜひ、多くの方にごらんいただきたく、お誘いあわせのうえご来場いただければ幸いです。

 

「月的饗宴」。今回は、月の「ルナティック」な側面を意識しています。

妖しげな、理性の及ばない、感情的・内的・極私的な・・・すなわちわれわれ人間の「月的」な部分を引っ張り出して、パーティーシーズン独特の高揚感に乗せて、ご鑑賞いただければ幸いです。

 

「いったいぜんたい、太陽は見るからに野暮ではないか!<中略>太陽というもの、それは活動をせきたて、いたずらに生産を奨励し、人々に頑丈な健康を押し付け、法の裁きを決定付ける。それに大きすぎるし、熱すぎる。<中略>それにくらべ、月はなんともつつましく、なんと清冽で、なんとたよりないダンディズムに包まれていることか。何よりも太陽は熱源であり、月はただ反射を心がけているだけなのである。これでは、どうみても月の懐かしさに分があるというべきだ。すでにハネカーが『月光発狂者』の中に次の言葉を綴っていた、「われわれは太陽の暗示のない夢を織り出したいのです。」(松岡正剛 『ルナティックス』

 

 

2012年11月20日(火)→26日(月)

10:30~19:00

※最終日は午後5時にて閉場させていただきます。

 

会場:沖縄三越 5階 三越ギャラリー(098-869-4337)

 

クリスマスや年末年始に活躍する華やかな雑器・陶板を展示販売いたします。

月や宇宙がモチーフの作品です。