「アコークロー」山上學陶展 7月14日より

那覇市・青砂工藝館にて、個展を開催いたします。

 

「タイトルの「アコークロー」とは、薄明かりが残っている夕暮れ時、たそがれ時などを指す琉球語。恋人たちにとってはロマンチックなひと時。また精神世界では現実から霊的な幽冥界に移行する時間帯とも言われる。沈みゆく雄大な太陽を背景に、風も止み波も静まる宵やみの心地よさ。山上學氏がこのタイトルにした真の意図の答えは、展示会の作品の中に隠されているので見つける楽しみもある。それはさておき、この時間帯にさんご礁の海に潜ると海面の静けさとは打って変わって大変な大賑わい。隠れ家に潜んでいたありとあらゆる種類の魚たちが一斉に外に飛び出してビーチパーティーならぬ翌朝まで餌の取れない夜に備えて食事の大饗宴となる。釣り人にはよく知られた「ゆうまずめ」のこと。アコークローにはこのような隠れた海の事情もある。

「海面鏡」も意味深なタイトルだ。波が穏やかな時に空や太陽、月などが水面に映るなどが思い浮かぶだろう。しかし水中眼鏡で覗く水面下の世界では、色鮮やかなサンゴの森が水天井にそっくりそのままに映っている。どれが現実でどれが仮想なのか不思議な体験が味わえる。
山上氏が次々と陶器で披露して見せる世界が楽しみだ。

青砂工芸館 安元 實」

 

7月14日(金)~23日(日) 10:00~19:30(会期中無休)

(青砂工芸館)

那覇市久茂地3-17-5 美栄橋ビル1F

098-868-9338

http://island.geocities.jp/seisa_gallery/

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    越智明彦 (木曜日, 27 7月 2017 07:01)

    先日、ブセナテラスにて作品を目にしたとたんに感動いたしました。わたくし、育ちは湘南の海でサーフィンをし、1980年代からダイビングを行っていましたが、これまで、こんなにも海を感じる作品を見たことがありませんでした。工房にお邪魔したかったのですが、帰京の当日でありかないませんでした。大皿と小皿、杯をいただきましたが、届くのが楽しみです。もっと作品を拝見したいなと思っております。次回の沖縄を楽しみにしております。ぜひ東京でも個展を開かれることも楽しみにしております。ありがとうございました。

  • #2

    山上學 (金曜日, 28 7月 2017 13:51)

    こんにちは、l海を感じていただいたとのこと、とても嬉しく思っております。

    東京・神楽坂での個展を11月に予定しています。
    よろしければご案内状をお送りいたしますので、こちらのお問合せフォームにてご住所をお送りいただければ幸いです。


    お忙しい中、ご丁寧に作品の感想をいただき誠にありがとうございます。